面接ではある程度きちんとしていく
NAVIGATION

面接当日、遅刻しそうな場合は

就職や転職をはじめとし、アルバイトやパートなどどんな場合でも仕事に就く際には避けては通れないものがあります。それは面接です。面接は日常生活ではすることはないので、マナーなどわからないことも多いのではないでしょうか。面接は採用に大きく影響してくるので、マイナスなイメージを与えないように注意しなくてはなりません。面接の際には服装や髪型の身だしなみが整っているというのは大前提であり、誰もがその点には気をつけているのではないでしょうか。

面接で気をつけるべきポイントは身だしなみだけではありません。まず第一に、時間を守ることは重要で最低限守るべきマナーです。時間を守るというと、遅刻しないという事だと思ってしまいがちですが、それだけではありません。あまりに早く行くのもマナー違反です。面接会場の準備をしたり、その他の仕事があることを考えて、面接時間の五分から十分前に行くようにしましょう。早く着いても受付にはいかず、近場で時間を潰してから行くべきです。交通機関など、どうすることもできないことの影響で遅刻してしまいそうな際には、事前に連絡を入れておくようにしましょう。時間にだらしがない人を雇いたいと思う会社は存在していません。